鳥栖-仙台 後半10分、鳥栖MF本田風智(手前)がゴールを決め、2-0とする=仙台市のユアテックスタジアム仙台(撮影・米倉義房)

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第11節の8日、仙台市のユアテックスタジアム仙台でベガルタ仙台と対戦し、3-0で快勝して10試合ぶりの白星を挙げた。通算成績は5勝10分け11敗(勝ち点25)で順位は変わらず15位。

 鳥栖は前半6分、FWチアゴアウベスがペナルティーエリアの外から左足でミドルシュートを決めて先制した。

 後半10分にはチアゴアウベスからのパスを受けた19歳のMF本田がゴール前で仕掛けてシュートを放ち、J1初ゴールとなる追加点。21分にも本田がゴール前のこぼれ球を冷静に押し込み、3点目を奪った。

 第28節の1試合は横浜FCが安永のJ1初得点となる勝ち越しゴールで神戸に2―1で逆転勝ちした。横浜FCの三浦が試合終盤に途中出場し、自身が持つJ1最年長出場記録を53歳8カ月13日に更新した。

 鳥栖は第27節の14日午後2時から、札幌ドームで札幌と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加