会計検査院が7日、首相に提出した2013年度決算結果報告で、佐賀県関係は、唐津市などの4事業の会計処理で交付金の過大受給や補助対象外などに当たり不適切と指摘された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加