農研機構九州沖縄農業研究センター(熊本県)が編集した冊子「新品種で拓(ひら)く地域農業の未来~食農連携の実践モデル~」が刊行された。1988年から育成してきた小麦や大豆、イモなどの11品種を解説。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加