集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更の閣議決定が1日にも行われる。憲法9条下で「専守防衛」に徹してきた自衛隊は海外で武力行使できる組織へと変容する。自衛隊発足から60年。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加