稲刈り後の田んぼ周辺に住む生き物の観察会が3日、佐賀市大和町で開かれた。クリークの小魚や貝などをたも網で採取するなど、参加した約20人の親子連れは平野部の自然の豊かさを体感した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加