みんなのかいごQR

 11月14日に小城市のドゥイング三日月で開かれる「みんなのかいごin小城」(佐賀新聞社主催、タイヘイ薬局・タイヘイM&C特別協賛)で、介護や在宅医療に関するミニセミナーが開講される。4講座の受講者(定員各15人)を募集している。

 (1)大平の福祉用具専門相談員・木下智裕さんの「介護保険で何が出来るの? 福祉用具や住宅改修について」(13時~13時40分)(2)SOMPOひまわり生命保険ライフカウンセラーの髙橋久美子さんの「人生100年時代を考える-介護・認知症に備えて」(13時~13時40分)(3)大平の薬剤師・古瀬由奈さんの「薬剤師の在宅医療」(14時~14時40分)(4)中多久病院マネジャーの杉野充佳さんの「高齢に伴う諸機能の低下予防と簡単なトレーニングの紹介」(14時~14時40分、軽装・運動靴での参加を)の4講座。違う時間帯であれば重複の受講も可能。

 九州4人目の阿闍梨(あじゃり)松島日應さん(小城市・護國光勝寺貫首)の講演(9時半~10時半)、医療・介護関係者によるトークセッション(11時~12時半)も受講者を募集中(定員各100人)。

 いずれも申し込みは電話かメール、ファクスで受け付ける。メールとファクスは住所、氏名、年齢、電話番号、聴講を希望するイベントを明記すること。定員になり次第締め切り。

▽電話 0952(28)2195=佐賀新聞社アド・クリエート部(土日祝日を除く9時半~17時半)

▽メール kaigofair@saga-s.co.jp

▽ファクス 0952(29)4709

【関連記事】

<イベント> 介護、身近なものとして考える 「みんなのかいごin小城」 14日小城市・ドゥイング三日月で開催

このエントリーをはてなブックマークに追加