晴田少年は終盤、そつのない攻めを見せて確実に加点。守ってはエース竹下の踏ん張りとバックの堅守で新栄少年を完封した。 晴田は五回、先頭の4番竹下が右越え三塁打を放つと、5番堤が四球を選び無死一、三塁。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加