鈴花グループが制定した「和服の日」の初日、和服姿で記念撮影する従業員ら=佐賀市の佐賀城鯱の門前

鈴花グループが制定した「和服の日」の初日、和服姿で記念撮影する鈴花商事の従業員=佐賀市の佐嘉神社

鈴花グループが制定した「和服の日」の初日に和服姿で参拝する鈴花商事の従業員たち=佐賀市の佐嘉神社

 和服販売などを手掛ける佐賀市の鈴花商事(森啓輔社長)などでつくる鈴花グループが、10月29日を「和服の日」に制定し、日本記念日協会から認定を受けた。「いい(1)わ(0)ふ(2)く(9)=いい和服」の語呂で、「日本の伝統文化を思い出すきっかけや和服を着る機会をつくりたい」(森社長)との思いを込めた。初日となった同日、従業員約80人が和服に身を包み、佐賀市内を散策した。

 和服の日の制定は、鈴花商事の前身の森呉服店が1900(明治33)年に神埼郡(現神埼市)で創業してから120年になるのを記念して鈴花グループで取り組んだ。3万人を超える顧客や取引先、著名人らが賛同し、今年1月に日本記念日協会から認定を受けた。

 鈴花商事の従業員たちは「二十歳のお祝いで仕立てた」「義祖父が大切にしていた」など、それぞれ和服にまつわる思い出話に花を咲かせながら、県庁内のレストランで昼食を取ったり、佐嘉神社で参拝したりした。この日は、同グループでは約800人の従業員が和服を着て1日を過ごしたという。

 義母の大島紬(つむぎ)を仕立て直した和服課の池田梨映さん(35)は「社員でも普段和服を着る機会は少なく、気持ちが一つになったような気分」と目を細めた。森社長は「この日がスタート。和服を着る文化を育てていきたい」と気持ちを新たにした。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加