松島日應さん

 小城市のドゥイング三日月で14日、介護を身近なものとして考えるイベント「みんなのかいごin小城」(佐賀新聞社主催、タイヘイ薬局・タイヘイM&C特別協賛)が開かれる。参加者を募集している。

 介護の日(11日)を記念した企画。世界三大荒行と呼ばれる日蓮宗の千日行を成し遂げて九州で4人目の「阿闍梨(あじゃり)」となった松島日應さん(小城市・護國光勝寺貫首)が介護に通じる感謝の心について講演するほか、同市内の医療・介護関係者によるトークセッション「地域カンファレンスin小城~在宅介護を始めるまちづくり~」を行う。介護や健康に関するミニセミナー、介護用具の展示、パラスポーツ「ボッチャ」の体験会なども開く。入場無料。

 講演とトークセッションは事前の申し込みが必要で、定員はそれぞれ100人。電話かメール、ファクスで受け付ける。メールとファクスは住所、氏名、年齢、電話番号、聴講を希望するイベントを明記すること。定員になり次第締め切る。

▷電話 0952(28)2195、佐賀新聞社アドクリエート部(土日祝日を除く9時半~17時半)

▷メール kaigofair@saga-s.co.jp

▷ファクス 0952(29)4709

【関連記事】

<参加者募集>14日に「みんなのかいごin小城」 介護や在宅医療学ぶ4講座

このエントリーをはてなブックマークに追加