大阪地裁は30日、ホテルビアントスを経営する鳥栖観光開発(鳥栖市)の会社更生法に基づく更生手続きの開始を決定した。管財人には保全管理人の木村圭二郎弁護士(大阪市)を選任。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加