第22回佐賀県出身プロ野球県人会ドリーム旗争奪中学生軟式野球大会ソクトトーナメント2020(県出身プロ野球県人会・佐賀新聞社主催、ソクト特別協賛)は11月1日、佐賀市の佐賀ブルースタジアムなどで開幕する。各地区の代表39チームが県の頂点を目指して白球を追い掛ける。
 大会は、県出身プロ野球県人会(古川侑利会長、55人)が中学生のレベルアップを目的に1999年から毎年開いている。決勝は21日に同市のみどりの森県営球場で行い、優勝チームは来年3月に福岡県で開かれる九州大会に出場する。
 10月の文部科学大臣杯県大会で4強入りした神埼と基山を中心に、優勝争いは混戦が予想される。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加