縄文時代早期の湿地性貝塚「東名(ひがしみょう)遺跡」(佐賀市金立町)の歴史的意義を検証するシンポジウムが8日、佐賀市の県立美術館ホールで開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加