玄海原発構内で9月に発生した火災について謝罪し、再発防止の徹底などを誓った九州電力の池辺和弘社長=福岡市の同社本店

 九州電力玄海原発3号機(東松浦郡玄海町)で9月下旬に発生した仮設ケーブル火災について、同社の池辺和弘社長は30日、福岡市で開いた会見で「誠に申し訳ない」と陳謝した。12月上旬をめどに対策をまとめ、再発防止を徹底するとした。

 火災は9月24日に発生した。九電はコミュニケーション不足から、本来必要な仮設ケーブルの取り換えが行われず、容量を上回る電流が流れて発火したとしている。

 池辺社長は「われわれは電気を扱う会社で、電気は怖いものだと身にしみて分かっている」と過去に死亡事故も発生していることに触れ、「啓発する立場であるのに、仮設とはいえぼや騒ぎがあったのは非常に申し訳ない」と謝罪した。既に豊嶋直幸原子力発電本部長に対し、対策をまとめるよう指示しており、再発防止を徹底すると説明した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加