第11回地域再生大賞 第1次選考通過団体

 地域づくりに挑む団体を応援しようと、地方新聞46紙と共同通信が設けた「第11回地域再生大賞」の第1次選考を通過した50団体が30日、出そろった。地元に根ざした活動を持続・展開している団体に加え、新型コロナウイルス感染拡大への取り組みもあり、多彩な顔触れだ。選考委員会の審査を経て、来年1月に大賞など各賞を発表する。

 第1次選考は各紙と共同通信が実施。NPO法人や市民団体、地域貢献に取り組む企業などを対象に、各都道府県から1~2団体を選出した。

 これから50団体の活動を専門家による選考委員会が審査。大賞(副賞100万円)、準大賞のほかブロック賞などを贈る。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加