佐賀県は28日、かまれると腫れと痛みが生じる外来種の毒グモ「セアカゴケグモ」1匹が鳥栖市内の保育所で見つかったと発表した。園児や職員に被害はなかった。鳥栖市での確認例は8月からの約1カ月半で3件目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加