マジパンで思い思いに飾り菓子を作る子どもたち

 神埼市商工会青年部の「ケーキハウスCocoro」パティシエ中村友祐さんをお迎えして、アーモンドと砂糖で作られたマジパンで「飾り菓子」を作りました。

 初めに中村さんが作る様子を見て、同じように白いマジパンを丸め、指で押さえたり、伸ばしたりしながらネズミを作りました。

 次に、赤や青、黄、黒などの色も使い自由に制作しました。最初のネズミを壊して、グローブやキャッチャーミットを作る野球好きな子、赤いハートの飾りを付け二個目のネズミを作る子、いろいろな色を使っておすしを作る子、時間を忘れて楽しそうに作っていました。

 出来上がった作品をドーム型のケーキのケースに入れて、うれしそうに見せ合っていました。

(神埼市地域学校協働活動推進員・平礼子)

このエントリーをはてなブックマークに追加