「ツバメの話が書いてあったでしょ。以前の家のことを思い出してね、懐かしい」と、その日の有明抄の内容と昔を重ねうれしそうに話す吉野ケ里町の大尾綾子さん(87)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加