両チームともに決め手を欠いて引き分けた。巨人は九回2死満塁のサヨナラ機で丸が空振り三振に倒れた。ヤクルトは八回にエスコバーの適時三塁打で追い付く粘りを見せたが、その勢いを勝利に結びつけられなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加