唐津市の梶山いつ子さん(62)が有明抄の書き写しを始めたのは昨年5月。新聞の広告を見て知り、販売店からノートを取り寄せた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加