日本航空の菊山英樹専務執行役員は30日、記者会見し、2021年3月期の業績見通しについて「新型コロナウイルスの状況に耐えうる対応は十分しているが、非常に厳しい結果になる」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加