みなさんは、「命」について考えたことがありますか?
 命を考える…というと難(むずか)しいかもしれませんが、例えば、登校前、急いでいて家族に「いってきます」を言わずに家を出て、そのまま一生会えなくなったり…
 友達とケンカして謝(あやま)りたいのに突然(とつぜん)、一生話せなくなったり…
想像(そうぞう)してみてください。日常(にちじょう)が突然奪(うば)われることを。
 毎日のようにテレビや新聞などのニュースで殺人事件(じけん)や交通死亡事故(しぼうじこ)について報道(ほうどう)されていますが、この一つ一つが、大切な命に関するニュースです。身近なところで命が奪われ、何気ない日常が一瞬(いっしゅん)で失われています。ある犯罪被害(はんざいひがい)者遺族(いぞく)の方が「失ったあとに知る幸せより、今すぐそばにある幸せに気付いてほしい」と話されていました。
 みなさん、今ある幸せを見つめ直してみてください。そして、そのとき頭に浮(う)かんだ身近な人たちに、思いやりを持って接(せっ)するようにしましょう。今、伝えられる優(やさ)しい言葉は、ぜひ伝えてみてください。
 一人一人が命を大切に考え、思いやりのある日常を送ることが犯罪を生まない社会につながっていきます。
(佐賀県警察本部広報県民課犯罪被害者支援室 巡査部長 高平友理香)

このエントリーをはてなブックマークに追加