佐賀市の佐嘉神社で6月30日、夏越(なごし)祭があり、参拝客が直径3メートルの茅(かや)の輪をくぐる恒例の「茅(ち)の輪くぐり」で無病息災を祈願した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加