「地域の協力があってこそ」と話す中野正さん

 「笑顔あふれる安心安全な久間のさとに」をモットーに、11年目を迎えた嬉野市塩田町の久間地区地域コミュニティ運営協議会。事務局長の中野正さん(72)は会社を退職後に「地域をもっと知りたい」と始めて8年目です。個々の活動を地域全体で取り組めるよう六つの部会で役割を決め、地域連携の教育活動や健康維持、自主防災にも力を入れています。

 今月から、若い人たちにも参加してもらえるよう久間地区地域コミュニティーの公式LINEを始めています。行事の告知や活動内容の周知を図るため登録を呼び掛けています。中野さんは「地域の皆さんの協力があって活動ができていることに感謝している」と笑顔で話しました。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加