実業系高校の教職員の功績をたたえる「御下賜金(ごかしきん)記念産業教育功労者表彰」の伝達式が29日、佐賀県庁で開かれた。勤続30年以上で、産業教育の発展に貢献した教職員13人が表彰された。

 県産業教育振興会会長の桃崎峰人県議会議長が「優秀な指導者として多年にわたり産業教育の振興に尽くしてこられた」とたたえ、表彰状と記念品を手渡した。教職員を代表して佐賀農業高の久富光祐校長が「地域産業を支える人材の育成に努めてきた。この日を迎えられたのは多くの方々の支援のたまもの」と謝辞を述べた。(岩本大志)

 他の受賞者は次の通り(敬称略)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加