朝鮮出兵の拠点となった名護屋城跡(唐津市鎮西町)の歴史などを知る学習会が、同町の菖蒲(しょうぶ)公民館で開かれた。県立名護屋城博物館の学芸員が、城を設計した黒田官兵衛の足跡などを説明。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加