多彩な技法や書体で近代書道史に偉大な足跡を残した中林梧竹(1827~1913年)の繊細な筆遣いが浮かび上がる。小城市立中林梧竹記念館で開催中の収蔵品展「おどる梧竹さん~筆で奏でるリズム」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加