投打のバランスがいい。多彩な変化球を持ち制球力がある山本は、県大会は背番号10だったが決勝で完投し、九州大会では1番を背負う。打線は4番木村を中心に強打者がそろった。県大会決勝は3―4の九回、サヨナラの走者を出しながら2者連続空振り三振で競り負け、好機でのあと一本に課題を残した。

  1. 中 徳永
  2. 右 黒田
  3. 三 浜野
  4. 一 木村
  5. 投 山本
  6. 左 白井
  7. 二 楠田
  8. 捕 野田
  9. 遊 尾崎

 【監督】
 楠城  徹

このエントリーをはてなブックマークに追加