2季ぶり23度目の九州大会。県大会決勝で12安打20得点と圧倒し、秋を5年連続で制した。決勝で4安打5打点を挙げた4番の東が攻撃の主軸となり、左腕の太田が無四球で完封。140キロ超の速球を武器に、右腕の京本と二枚看板で守りを固め、攻撃につなげる。大量得点が続いただけに、接戦でいかに粘れるかが上位進出の鍵となる。

  1. 左 阿南
  2. 遊  幸 
  3. 三 黒木
  4. 一  東 
  5. 右 山本
  6. 二 筒井
  7. 中 嶽下
  8. 捕 簑原
  9. 投 京本

 【監督】
 川崎 絢平

このエントリーをはてなブックマークに追加