九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉の整備方式見直しで、国と長崎県との3者協議に向けて所感を述べたJR九州の青柳俊彦社長=福岡市の同社

 九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉の整備方式を巡り、赤羽一嘉国土交通相が国交省と長崎県、JR九州による3者協議を行う考えを示したことを受け、JR九州の青柳俊彦社長は28日、「(佐賀県を含む)4者のはずなのに」と疑問を呈しつつ「九州新幹線西九州(長崎)ルートは佐賀県だけの問題ではない。良いものができるよう頑張りたい」と全線フル規格での整備を目指す姿勢を強調した。

 福岡市での定例会見で言及した。3者協議について青柳社長は「まだ国から声を掛けられていない」と具体的なスケジュールは未定とし、「(声を)掛けられたら、真摯(しんし)に対応したい」と述べた。

 その上で、与党検討委員会が佐賀、長崎両県とJR九州、国交省による4者協議を開き、整備に関して検討するように求めていることを念頭に「何で3者なのかなと。4者のはずなのにと思う」と率直に話した。

 国交省は3者協議の議論のテーマとして財政負担や在来線問題を挙げている。青柳社長は「実態として鹿児島ルートなどで、並行在来線が全て経営分離されたかというと、そうはなっていない」と説明しつつ、「着工するまでに(経営)分離するかどうかが決まる。そのプロセスをちゃんと踏まないといけない」と、佐賀県に協議のテーブルに着いてもらうために、整備方式の決定前に経営分離の是非を示すことには難色を示した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加