韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長、ナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は28日、事務局長選で最終選考に残った2人の女性候補のうち、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相(66)が、韓国の兪明希・産業通商資源省通商交渉本部長(53)を上回る支持を得ており、次期トップに推薦されたと明らかにした。

 オコンジョイウェアラ氏が事務局長となるには、一般理事会で承認される必要がある。ただ、韓国側が反対姿勢にこだわればトップ選びが長期化する可能性もある。この日の加盟国代表会合では、日本、中国、欧州連合(EU)などはオコンジョイウェアラ氏の選出に賛成を表明し、米国のみが兪氏支持を明言した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加