経産省資源エネルギー庁の後藤収審議官は2日、佐賀県議会原子力安全対策等特別委員会に参考人として出席し、原発の再稼働手続きについて「地元と協議しながら進めたい」と述べた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加