青森市の三内丸山遺跡

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、新型コロナウイルスの影響で延期した2020年の世界遺産委員会を21年6~7月に開き、21年分もまとめて審議する方向で調整に入った。21年分であり文化遺産の候補の「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)も審査される見通しだ。政府関係者が28日に明らかにした。

 20年に予定されていた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の自然遺産登録も審査される。約1年遅れとなる。

 一括開催の場合、中国・福州で行われる可能性が高い。ユネスコは来夏までにはコロナ禍が一定程度収まっていると期待する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加