夏休みの児童の宿題を見守る「子ども寺子屋」が31日、神埼市中央公民館で始まった。市内の小学生約80人が、元教師の助言を受けながら問題集や漢字の書き取りなどに取り組んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加