岡山神社の境内で落ち葉を集める小城高の野球部員=小城市小城町

 小城高の野球部員が27日、学校に隣接する岡山神社で清掃奉仕に励んだ。地域貢献を目的に昨年度から月1回続けており、1、2年生の選手13人とマネジャー2人が境内の落ち葉やごみを拾った。

 神社は走り込みのトレーニングなどで利用している小城公園にあり、練習前の30分間、黙々と取り組んだ。日宇毅斗(ひうたけと)主将(16)は「グラウンドの砂ぼこりなどで近隣に迷惑をかけてしまうこともある。日ごろの感謝を込めて毎回、時間を決めて集中して取り組んでいる」と話した。

 小城高では、剣道部など他の部活動の部員たちも、学校周辺の清掃奉仕に取り組んでいる。(谷口大輔)

このエントリーをはてなブックマークに追加