国の文化審議会が6月20日、唐津市内で見つかった弥生時代の4遺跡で構成する「唐津松浦(まつら)墳墓群」を国史跡に指定するよう答申した。指定の目玉となるのは桜馬場遺跡(同市桜馬場)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加