町民の健康づくりに寄与することを宣誓するみやき町ヘルスポーター=みやき町コミュニティーセンターこすもす館

宮崎典之・第一生命保険佐賀支社長から「みやき町ヘルスポーター」の認定証を受け取る営業スタッフ=みやき町コミュニティーセンターこすもす館

 みやき町と第一生命保険が協力して実施する「みやき町ヘルスポーター」の出発式が26日、同町コミュニティーセンター「こすもす館」で開かれた。町内を担当する同社の営業スタッフ23人がポーターに任命され、町民の健康づくりに寄与する決意を新たにした。

 両者は9月、地域活性化や住民サービス向上を目的に包括連携協定を締結。ヘルスポーターは、営業で顧客宅に出向く際に、町が実施する各種健診の案内や健康増進に関する情報なども伝える。協定締結の際に町が同社に提案し実現した。

 出発式には、町の女子サッカーチーム「みやきなでしこクラブ」の応援ポロシャツを着た営業スタッフが出席。同社の宮崎典之佐賀支社長からヘルスポーターの認定証を受け取った。

 牛島敏和副町長は「町が進める“健幸長寿”の町づくりに寄与してほしい」と期待を込めた。ポーター代表の高橋里美さん(55)が「町民の健康と安心を支え、地域活性化に向けて貢献することを誓います」と宣誓した。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加