閣議に臨む武田総務相。右は平井デジタル改革相=27日午前、首相官邸

 総務省は27日、携帯電話料金引き下げに向けたアクションプラン(行動計画)を公表した。携帯電話会社を乗り換えるメリットや手続きを分かりやすく説明するサイトを年内に開設することや、大手が格安スマートフォン事業者に回線を貸し出す際の料金を引き下げることなどを盛り込んだ。携帯の利用者が付与されたメールアドレスを電話会社の乗り換え後もそのまま使える仕組みは年度内に検討する。利用者が契約する会社の乗り換えをしやすくすることで事業者間の競争を促す。

 「(各社の)経営判断に基づいて、不断の取り組みを行うことが期待される」とし、値下げを促す。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加