教育部門の文化賞に決まった福元裕二さん=佐賀市神園の西九州大学佐賀キャンパス

 「弱い立場の人たちに手を差し伸べる心優しい、思いやりのある人材の育成を心掛けてきた」。佐賀県内唯一の私立大学の西九州大学などを運営する学校法人永原学園のトップとして、教養と人間性を兼ね備えた健康、福祉の職業人を養成するための環境整備や体制づくりを進めてきた。

 全国の私大で初めて「健康福祉学」を掲げる大学院を1999年4月に開設した際、準備に奔走した。「認可までは大変だったが、健康と福祉を一体的に学べることで大学の存在感を示したかった」と振り返る。

 「地域大学宣言」を2013年に行い、自治体や地域社会との連携を深めてきた。大学創立50年の18年4月、小城市に看護学部看護学科を開設した。「多くの人たちの協力のおかげ。看護が加わったことで保健、医療、福祉の人材育成に一定のめどが付いた」

 創設者、2代目の理事長に続き3代にわたって佐賀新聞文化賞を受賞した。「これからも変化する社会に対応して教育や研究を充実させたい」と語る。(山本礼史)

このエントリーをはてなブックマークに追加