■地方の技術力を証明 災害監視、農作物管理へ活用 佐賀大学や九州大学など4大学と地元企業が共同開発した超小型地球観測衛星「QSAT-EOS(キューサット・イオス)」(愛称・つくし)が、打ち上げに成功…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加