感染リスクが高まる「5つの場面」

  1. 飲酒を伴う懇親会
  2. 大人数や長時間におよぶ飲食
  3. マスクなしでの会話
  4. 狭い空間での共同生活
  5. 居場所の切り替わり

会食を楽しむ工夫

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会発表 
(2020年10月23日)

 

1.飲酒を伴う懇親会

・飲酒の影響で気分が高揚する=同時に注意力が低下、大きな声になりやすい
・敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在
・回し飲みや箸などの共用

 

 

2.大人数や長時間におよぶ飲食

・長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒
・大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすい

 

 

 

3.マスクなしでの会話

・近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染リスク上昇
・昼カラオケなどでの事例あり
・車やバスで移動する際の車中も注意

 

 

4.狭い空間での共同生活

・長時間にわたり閉鎖空間を共有するため、感染リスクが高まる
・寮の部屋やトイレなどの共用部分での事例あり

 

5.居場所の切り替わり

・仕事での休憩時間など、気の緩みや環境の変化が影響する
・休憩室、喫煙所、更衣室での感染事例あり

 

新型コロナウイルス感染症対策分科会「分科会から政府への提言」資料より

 

 リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

<利用者>

・飲酒をするのであれば、
 ①少人数・短時間
 ②なるべく普段一緒にいる人と
 ③深酒・はしご酒などはひかえる

・箸やコップは使い回わさない

・座の配置は斜め向かい(正面や真横はなるべく避ける)
 (食事の際に、正面や真横に座った場合には感染したが、斜め向かいに座った場合には感染しなかった報告事例あり)

・会話する時はなるべくマスク着用
 (フェイスシールド・マウスシールドはマスクより効果が弱い)

・換気などの工夫をしている、感染防止ガイドラインを遵守した店で

・体調が悪い人は参加しない。

 

<お店>

 ・感染防止ガイドラインを遵守
 (従業員の体調管理やマスク着用、席ごとのアクリル板の設置、換気や扇風機の利用などの工夫)

 ・接触確認アプリ(COCOA)のダウンロードを働きかける

 

 

参考:令和2年10月23日 分科会から政府への提言
感染リスクが高まる「5つの場面」と「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加