家畜盗難に関与したとみられるベトナム人らがいた建物を家宅捜索した捜査員ら=26日午前、群馬県太田市

 今年夏から秋にかけて群馬県など北関東で家畜や果物が相次いで盗まれた事件で、群馬県警は26日、入管難民法違反などの容疑で家宅捜索した同県太田市の住宅から、冷凍鶏肉約30羽分が見つかったと明らかにした。鶏肉は頭だけを落とした状態で、床下の冷凍庫などにあったという。

 県警は在留期限を越えて日本に滞在したなどとして、同法違反容疑で、この住宅にいた自称カラオケ店経営者の男(39)らベトナム国籍の男女13人を逮捕した。うち数人が窃盗事件に関与した疑いがあるとみて、慎重に調べている。

 埼玉県では豚約130頭などが、群馬県では豚約710頭などが盗まれている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加