映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」より((C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

 16日から全国公開中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が25日までで107億円に達したと、配給元の東宝とアニプレックスが26日発表した。公開10日間での100億円突破は史上最速という。

 これまでの記録は国内興収歴代1位の宮崎駿監督作「千と千尋の神隠し」(2001年、最終興収308億円)で25日間だった。

 「鬼滅の刃」の興収は公開3日間で過去最高の46億2千万円に達した後、平日も観客が映画館に詰め掛け、25日で107億5千万円を超えた。最終興収も「千と千尋」を超えるか注目される。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加