民謡愛好者が年代別に競った民謡民舞県連合大会=多久市中央公民館

 全国大会の予選を兼ねた民謡民舞佐賀県連合大会が25日、多久市で開かれた。約150人が年代別に出場、伸びやかな歌声を響かせた。青年の部に出場した森有紀奈さん(28)=白石町=が総合優勝した。

 15歳以上の青年の部から80歳以上の高年の部まで7部門に分かれ、着物姿で郷土に伝わる民謡を情感込めて歌い上げた。出場者とその家族らが見守った客席からは盛んに拍手が送られた。

 大会は民謡・民舞の伝承や普及を目的に毎年開催。新型コロナウイルスの影響で他の大会が相次いで中止になる中、感染防止対策を徹底して開いた。

 各部門の入賞者は、来年12月に東京で開かれる全国大会に出場する。(谷口大輔)

このエントリーをはてなブックマークに追加