大学入試センターは25日までに、2025年1月からの大学入学共通テストで、新教科「情報」を追加するとともに、数学、地理歴史、公民など各教科の科目を再編し現在の6教科30科目を7教科21科目に削減する素案をまとめた。高校の新学習指導要領で学び始める現在の中学2年らが受験するが、情報を巡っては現場から作問や指導面などに課題も指摘され、センターは大学や高校の意見を踏まえ本年度末にも最終案をまとめる。22面に関連記事 

 18歳人口の減少で、受験料で運営する共通テストに効率的運営が求められている。センターは出題科目を絞り、作問経費などを減らしたい考え。パソコンを使って答える方式(CBT)の将来的導入の検討も続ける。

 新指導要領では、人工知能(AI)時代の高度情報化社会に対応するため、プログラミングやデータ活用を学ぶ「情報1」が必修となる。政府も18年の「未来投資戦略」で、共通テストでの出題を求めていた。

 共通テストは大学入試センター試験の後継で来年1月に初実施し数十万人の受験を見込む。センターは「情報」について、端末や通信環境トラブルなどの懸念から他教科と同様マークシート方式とする方針。だが「プログラミングなどの力を十分測れるのか」(高校関係者)との疑問や、高校で専門教員が不足しているといった指摘がある。

 「地理歴史」「公民」では、近現代史を日本史と世界史の垣根なく教える歴史総合と、主権者として必要な資質を育む公共が必修となることを受け、科目構成を改める。

 「外国語」の英語は「リーディング」と「リスニング」に分け、「読む・聞く・書く・話す」の4技能のうち「読む」「聞く」の二つを問う出題形式は変えない。

 共通テストは当初、英語で4技能を問うため民間検定試験を活用する予定だったが、公平性確保などに懸念が多く寄せられ、見送った経緯がある。文部科学省は大学入試でどのように4技能を問うか検討を続けている。

 「数学」も新指導要領を受けて再編。専門高校出身者が受験してきた簿記・会計や情報関係基礎は素案から外され、出題について「さらに検討する」とされた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加