武雄市の大崎保育園の園児らが1日、武雄北方インター料金所を訪れ、七夕飾りを贈った。年長組の子どもたち24人が、色とりどりの折り紙で飾り付けた高さ約2.5メートルのササを相川秀敏所長に手渡した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加