宮﨑晴幸さんのブレザーを着て大会に臨む川添政徳さん

 大会副委員長だった元九州相撲連盟理事長の宮﨑晴幸さんが今年7月、79歳で亡くなった。県相撲連盟副会長の川添政徳さん(67)は、宮﨑さんが生前愛用していた審判用のブレザーを着て今大会に臨んだ。

 宮﨑さんは18回大会で松浦横綱になり、団体戦では佐志の9連覇(11~19回大会)を支えた。現役時代に川添さんは宮﨑さんに稽古をつけてもらったという。大会役員でも世話になり、2014年の長崎国体でブレザーを借りた縁で引き継いだ。川添さんは「唐津の相撲の発展を見守ってほしい」と話した。

 開会式では、宮﨑さんのほか、名誉会長を務め、今年亡くなった宮島傳兵衞さん=享年98=と岸本英雄さん=享年66=をしのび黙とうをささげた。(中村健人)

第73回松浦地区青年相撲大会 個人戦予選リーグ
第73回松浦地区青年相撲大会 個人戦決勝リーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加