バンコクの交差点で行われた反体制集会=25日(共同)

 25日、タイ・バンコクで開かれた反体制集会(ロイター=共同)

 【バンコク共同】タイの首都バンコクで25日、学生主導の反体制デモが行われた。学生たちはプラユット首相に24日夜までの辞任を要求。応じなければデモを再開し、エスカレートさせると予告していた。王室改革も求めており、26日にはドイツ大使館に向け行進する。ワチラロンコン国王は現在帰国中だが、ドイツで過ごすことが多い。

 プラユット氏は辞任を拒否し、国会での議論を通じ解決策を模索するべきだと訴えている。

 警察によると1万人近くが25日、商業施設が立ち並ぶラチャプラソン交差点に集まり、路上を占拠。軍政の流れをくむプラユット政権の退陣を要求し、気勢を上げた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加