軽トラックに載って巡行するトンテントン祭りの神輿=伊万里市伊万里町

軽トラックに載って伊萬里神社を出発するトンテントン祭りの神輿=伊万里市立花町

 伊万里市の伊萬里神社の秋祭り「伊万里トンテントン」は25日、新型コロナウイルスの感染防止のため、神輿(みこし)を組み合う「合戦」をせずに粛々と行った。巡行も担ぎ手が密集するのを避けて軽トラックで運んだ。

 4基の神輿は軽トラックに載せられて伊萬里神社を出発し、男衆が徒歩で続いて伊万里商工会議所前までの1キロを往復した。商議所前の広場では神事と喧嘩(けんか)太鼓の奉納を行い、疫病の収束を願った。

 コロナの影響で呼び物の「合戦」がなくなり、沿道の人出も少なく、祭りばやしや「チョーサンヤ」の掛け声もどこか寂しげに響いた。伊萬里神社御神幸祭の北原新実行委員長(62)は「車に載せてでも無事に巡行できてよかった。来年は従来通りの御神幸祭を行いたい」と話した。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加