久光-日立 スパイクを放つ久光スプリングスのアキンラデウォ=埼玉県の毎日興業アリーナ久喜((c)V.LEAGUE)

 バレーボール・V1リーグ女子の久光スプリングス(鳥栖市)は24日、埼玉県の毎日興業アリーナ久喜で日立リヴァーレと対戦し、3―0でストレート勝ちした。通算成績は2勝1敗(勝ち点6)で3位に浮上した。

 久光は第1セット、井上愛里沙や今季初出場のフォルケ・アキンラデウォのスパイクで差を広げて主導権を握った。終盤に同点に追い付かれたものの、相手の反撃を振り切って25―22で先取した。第2セット序盤は相手に一時リードされたが、3連続ポイントで逆転して25―21で奪った。

 終盤まで競り合いとなった第3セットは、野本梨佳や中川美柚らが得点を重ねて、25―22で逃げ切った。

 久光は25日正午から同会場で埼玉上尾メディックスと対戦する。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加