抽選会でくじを引く監督たち=佐賀市の佐賀新聞社

 第22回佐賀県プロ野球県人会ドリーム旗争奪中学生軟式野球大会ソクトトーナメント2020(県プロ野球県人会・佐賀新聞社主催、ソクト特別協賛)の組み合わせ抽選会が24日、佐賀新聞社であり、出場39チームの対戦相手が決まった。

 中野義文大会副会長が「新型コロナで開催できないかもしれないと思ったがよかった。選手には頑張ってほしい」とあいさつ。各チームの監督がくじを引いた。

 今大会から、建設機械のリースを手掛けるソクト(佐賀市)が特別協賛社となり、11月1日に佐賀ブルースタジアム(佐賀市)とムツゴロウ公園グラウンド(小城市)で開幕。決勝は21日に佐賀市のみどりの森県営球場であり、優勝チームは来年3月に福岡県で開かれる九州大会に出場する。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加